乾燥肌はスキンケアで潤いをGETできる|触りたくなる美肌

ウーマン

美肌効果があるビタミンC

コスメ

スキンケアにおいての効果

ビタミンcから得られるスキンケア効果として、メラニン色素の生成を抑制したり、コラーゲンやセラミド生成の促進、血行促進、活性酸素の除去、皮脂分泌抑制、抗炎症作用など実にさまざまあります。これらの働きにより、シミ、シワの改善、毛穴の引き締め、にきびなどの肌荒れ改善、ターンオーバーの正常化といった美肌効果が得られます。ただ、純粋なビタミンcは不安定で肌に浸透しにくい成分です。そこで、成分を安定させて肌に浸透しやすく加工したのがビタミンc誘導体です。ビタミンc誘導体は、肌に伸ばすと角質層まで浸透し、皮膚の中にある物質と反応しビタミンcに戻ります。そこでスキンケア効果を発揮するので、効率よく美肌効果が得られます。最近では、たくさんの化粧品に配合されるようになりました。

純粋なビタミンCは注意

ビタミンc誘導体にはいくつかの種類があります。APPS、VC-IP、リン酸アスコルビルマグネシウムなどです。いくつかある中で、おすすめなのがAPPSと呼ばれる更新陶製ビタミンc誘導体です。特徴として、従来のビタミンc誘導体と比べて100倍の浸透力があり、イオン導入しなくても真皮まで成分が届くというものです。油になじみやすく、化粧品として刺激が少ないのが魅力です。まれですが、ビタミンc配合の化粧品を使用していると、刺激を感じたり、シミが濃くなったという話もあります。その化粧品がビタミンc誘導体ではなく、純粋なビタミンcを使っていることがあります。その場合、さまざまなスキンケア効果を持つ反面、肌の弱い人には刺激となり、色素沈着やシミを濃くする原因となることがあるので注意が必要です。