乾燥肌はスキンケアで潤いをGETできる|触りたくなる美肌

ウーマン

配合率と効果の高い成分

肌ケア用品

ビタミンc誘導体は非常に注目されている化粧水の成分です。その成分の効果は非常に高いですが、選ぶときには配合率に注目して選ぶことが大切になります。それというのも、濃度が高いと肌に刺激が強すぎることもありますので、敏感肌の人は低濃度のものを使用した方が良いです。その目安としては、次のようなものを参考にすると良いです。たとえば、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Naであれば1%未満のものが良いです。アスコルビン酸グルコシドであれば5%未満、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルは10%未満がおすすめです。こうした濃度の場合は刺激も少ないので、敏感肌の人でも使うことができます。乾燥肌の人も低濃度を、オイリーな人は高濃度を使用しましょう。

ビタミンc誘導体の入った化粧水は皮脂の分泌を抑制してくれるので、オイリーな肌を持っている人は使ったほうが良いです。どれを選んでも効果が高いですが、次の特徴を持ったものを選ぶとさらに効果があります。パルミチン酸アスコルビルリン酸3Naが配合された化粧水が良いです。この成分は水溶性と油溶性の両方の特徴を兼ね備えていて、肌への浸透力が極めて高いです。これは水溶性のビタミンc誘導体や油溶性のものよりも肌の奥深くにまで浸透します。したがって、サロンやエステなどのマッサージ用ローションにもよく使われています。ビタミンc誘導体が含有されている化粧水を使うと毛穴が詰まりにくくなり、ニキビ予防と改善になります。